生産から顧客への供給までの流れを最適化するSCM

自動車業界を支えているSCMの仕組みはトヨタが作り上げた

いずれにしても、自社開発に比べ、製品開発のアウトソーシングは方法面で改善の余地が大きいことがわかる。製品開発のアウトソーシングのポイント。それでは、日本企業をより国際競争力のある構造にする切り札の一つとなりうる製品開発のアウトソーシングを、具体的に活用していくにはどうしたらよいのか。業務を委託する側、受託する側、そして双方に共通する技術者個人の三つの視点から考える。まず委託側だが、従来から外部資源の活用については、多くの場で議論されてきている。

しかし、あくまでそれは受け身の姿勢であり、大部分の企業の努力は内部の製品開発に向けられているのが実態である。たとえば外部への製品開発の委託に対する包括的責任者を社内的に明確にしている企業は少ない。平均的な日本企業の技術開発の体制は、象牙の塔のようなかつての第一世代から、案件ごとのプロジェクトを中心とした第二世代、そして事業化に必要な機能を効果的に取り込む仕組みをもつ第三世代型へと移り変わってきた。

今後は、製品開発のアウトソーシングの活用により外部技術も機動的に活用できる次世代型、バーチャル(仮想)型へと進化すべき時期にきている。業務を受託する側も、委託側の期待に十分こたえられるような体制をつくらなければならない。米国でアウトソーシングが拡大した大きな理由の一つは、英語圏での充実したアウトソーシング先があったことによる。ソフトウェア産業ですでに定着しているインドへのアウトソーシングがそのモデルだ。自動車業界でも米GMなどはインドに技術センターを設立している。
わたしが車を売却したのは、知り合いに紹介してもらった車査定イロハというお店です。ここはかなり小規模のお店ですが店員さんがとても丁寧でいいお店でした。
ホームページに買い取りスタッフさんの顔写真と、紹介がのっていてわかりやすかったので、中古車査定 その場で買取カイカイというお店で売ることにしました。
先月、長年乗っていた軽自動車を車 買取は中古車査定ナビcamanで見つけたショップで売ってきました。かなりいい金額がついたので、貯金が少し増えました。


生産のアウトソーシングやOEM間の協業生産の割合も現状の三倍くらいに増える可能性がある。日本人の強みは「左脳型」モノづくり。なぜ、日本の自動車メーカーは世界に先駆けて、先進的なSCMを創造できるのか?そこでの議論に必ず出るのが、日本人と欧米人との創造性の比較論だ。

創造性の固まりともいえるような情報産業は米国生まれで、たしかにインターネットは米国の「国技(術)」だ。しかし、米国の創造性も歴史的にみれば、じつは底が浅い。米国の産業は基本的に、イギリスで生まれた蒸気機関車や紡績機の物真似からスタートし、その後、長い間、その物真似を続けていた。米国流の創造性が発揮されはじめたのは、二〇世紀に入ってからだ。米国には国威をかけてのソ連との宇宙開発競争や、いくつもの戦争経験を通じての軍事技術開発など、国家レベルでの創造性高揚のイベントが数多くあった。

What's New
2013/09/19 注目記事を更新しました。
2013/09/15 新着記事を更新しました。
2013/09/14 OEMの生命線を更新しました。
2013/09/11 第三世代のSCMを更新しました。
2013/09/09 画期的なSCMを更新しました。
2013/09/07 現実の策を更新しました。
2013/09/06 自動車業界を支えているSCMの仕組みはトヨタが作り上げたを更新しました。
2013/09/03 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
日本最大級の自動車専門サイト車査定買取ジャパン自動車の売却方法はどれが一番お得?
日本最大級の中古車の買取・中古車査定ネットワーク。45秒だけであなたの愛車の相場がわかる簡単なオンライン査定です。全国4万件の車買取業者から最大25社の中から一番高く買い取ってくれる業者に売ることができます。愛車買取・売却の方々に向けて、自動車の売却方法やメリット・デメリットなどを紹介するサイトです。